幸せを感じる化粧筆

女性として幸せを感じる時というのはどういう時でしょうか?
朝お化粧をしている時というのもその一つの時間だとリンは思います。

ただし”私はキレイ”と容姿に関する自信がある場合に限りますが。
容姿に関する自信については、テレビに出ている”モデルさん”や”女優さん”を基準にして、比較するのは意味がないです。
自分自身の美の基準も自信も美しさも自分自身で作れるのです。

イマイチ自信がない方は、毎日何度も『目がキレイだよ。』『笑顔が素敵だよ』『美しい』等ポジティブなアファーメーションを大好きな恋人に言われているかのように熱い思いで自分にささやいて頭の中でリフレインしてください。

そのうちにその言葉をどこか他のところから聞くようになり、(言われたら人の目を気にして謙遜や否定しないで笑顔でありがとうと言いましょうね)自分の中に容姿に関する自信が定着します。
ですから自分のセルフイメージを上げてくれる高価な化粧品というのは、時に必要な場合もあるのですが、

化粧品自体は消耗品で使えばなくなってしまうというのもありますし、

メーカーの都合により、それまで愛用していた化粧品が廃盤になってしまったりというのはよくあることです。
”なでしこジャパン”の国民栄誉賞の記念品に化粧筆が選ばれました。

化粧筆はいい筆を選べば消耗品ではありません。大事に使えば一生持ちます。

お気に入りのシャンプーとコンディショナーで自分の髪の毛と一緒にお手入れし、乾かせば、自分の髪の毛と同じようにフワフワ。やさしい使いごことちが、自分自身を大切にしている。愛していることを感じさせてくれます。
babu-の化粧筆はリンのお気に入りです。この筆を使うと使いやすいし、肌が合うというか今まで持っていた他の筆(決して粗悪品ではないですが)が使えなくなりました。毎日のお化粧がめちゃめちゃ楽しくなること間違いないです。
一番のおすすめはチークブラシ。私はフェイスブラシとしてお粉やパウダーファンデーションをつけるのにも使っています。

是非この幸せな感触を味わっていただきたいなと思います。
バブーメイクブラシ【全部で5種類】

バブーメイクブラシシリーズ

元ネタ 月のわ通信 803号 2011.11.13

このページに何か感じたら
いいね!してね。