蚊に刺されの痒みにも有効!普段のスキンケアアイテムで痒みを撃退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ続きます。蚊のシーズン

あ。かゆいなと思ったら蚊取り器をつける他に試してほしいことがあります。
塗り薬(キン○ンとかム○とか)ってその時は効いたような感じがするのですが、後でまたかゆくなったりしますよね。

蚊に刺されたばかりで、あまり皮膚を掻いていない状態だったら、塗り薬よりも効果があるかもしれない方法があります。

使うのは普段のスキンケアアイテムです。

まず使うのはアクア酸性スプレーです。

患部の消毒としてスプレーし、蚊が肌に表面に残した痒みの成分を患部から洗い流します。そしてできればティッシュなどで水分をふき取るといいと思います。
アクア酸性スプレーがない場合は石鹸で患部をよく洗うのも効果的。

そのあとシャンブルナチュラルローションをつけて患部を手の平で押さえて浸透させます。

そしてシャンブルナチュラルオイルを塗って同じく手の平で押さえてなじませて終了。

化粧水をつけるのは、乾燥しているとかゆくなるので、虫さされにかかわらず、痒み対策としてやっていますが、虫さされの塗り薬も水っぽいものが多いですよ
ね。そして乾くとまたかゆくなる。

化粧水をつけてからオイルを塗っておけば肌が乾きにくいので痒みがぶり返しにくいです。

ナチュラルオイルやナチュラルローションに含まれるラベンダーの精油は掻きむしってしまった痒みに有効だそうです。
消炎効果があります。ローズマリーの精油は殺菌効果もあります。そして痒みを次第に押さえる効果があるαリノレン酸の含まれるヘンプオイル

虫さされの塗り薬の香りや味が嫌いな方。普段使っているスキンケアアイテムで初期の虫刺さされに対応できますのでお試しください。

シャンブルのブログでもヘンプオイルを使った痒みの改善の記事を見つけました。
乾燥肌で痒みと闘っている方は必読ですよ。

元ネタ 月のわ通信 881号 2012.6.13

このページに何か感じたら
いいね!してね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。