兆憶り人 118日目 2018年8月18日(土)

2018年8月18日

Ameba Blog

 

竹田和平さんのメルマガを購読中。真田 英里さんが発行している

【竹田和平の花咲爺レター】
https://chitokushishinokai.or.jp/hanasaka/

よりさっき届いたのがよかったので引用いたします。

【和平の一言】

1. 買うお金が無いから不景氣だ

感謝することで 無い人にお金が流れるよう
旦那心と感謝心を高めることで 解決出来そうですね

2. 買うものが無いから お金があっても不景氣だ

文化 芸術など まろ美輝く商品 サービスを求める
旦那心を高めることで 解決出来そうですね

3. 不安だから お金があっても不景氣だ

感謝心を育て 信頼関係を高める
旦那心を高めることで 解決出来そうですね

~~~~~~~~~~~~~

【感謝の交流】

和平さんと話している時に、なぜ不景氣なのか
ということについて、なるほどな、と思ったことには、
今、人は政府から、寄こせ、寄こせになっている。
また政府が使うお金に、ありがとう、と感謝している国民も
あまりいないのではないか、という話をされていました。

国に対してお世話になったから、私はこれだけ、
お金を収めますよ、と国を支える意味で出すのが、
税金、という意味で、和平さんは旦那は納税をしようと、
晩年思われていました。

個人や会社の間でも、当たり前になっていて、寄こせに
なっていないのか、
「互いに感謝が通っているか」
感謝の交流に光をあてたいと思います。

今あるものに感謝。ないものではなく、あるものにフォーカスするのです。

130万円ないってネガティブだけじゃないですよ。

130万円ある人はあるものを失う恐怖があったりします。

もともとないんだから失う恐怖はない。恐怖がない分動ける。

人に嫌われる恐怖を超えていく。

人は頼まれたいのです。

人を助けて喜ばれたいのです。バナHの社長さんもそう。

できることしかできない。無い袖はふれない。

日本に生まれて日本で育った感謝をすることはできる。

だったら徹底的に感謝して、自分にできることやるしかない。

このページに何か感じたら
いいね!してね。

SNSでもご購読できます。