ナチュラル(コスメ&フード)豆知識

眉はゲート(門)開運おすすめアイブロウ

元ネタ月のわ通信500号 記念号 2009.3.5(クローズド配信時代)より 加筆修正
リンは一昨年 肺炎という大病をしたことをきっかけに、スピリチュアルな本をより沢山読むようになりました。
そして色々なことを通じて以前に比べ理解も深まりました。

私がここ(日本)にこの時代、女性として生きていて、周りに起こっていること、
モノにはいろいろな意味があって、つながっている。

文章ですべてを伝えるのはもちろん不可能でありますが、その時に出てきたものをお伝えしたいとおもいます。

今の時代日本に生まれた女性というのはとっても恵まれています。
恵まれているから故にその恵みに気付かず、感謝できず、持っているものではなく”持っていないもの”
できることではなく”できないもの”に意識がシフトしている方は幸せでないのかもしれないです。私もかつてそうでした。

自分がなぜ化粧品を販売しているかと考えると、化粧品が大好きというわけではないのですが、
化粧品は女性にとって”開運アイテム”であるというのは絶対的な事実なのです。
だから月のわしょっぷで開運アイテムを売っているのです。

今回は眉についてです。眉には皆さんこだわりがあると思います。
ファンデーションは塗らなくても眉毛は描かないと人前に出れないという人もいるかもしれないですね。

髪型や眉毛の形で女性の顔の印象は驚くほど変わりますが、顔を家と例えた場合、
髪型は庭、二つの眉毛は門(ゲート)なのだと思います。

はねていたり、毛先がぼさぼさなヘアスタイルは、草ボーボーのお屋敷と一緒。

そしてリンも若いころは眉毛がしっかりある方なので、
描かなくても自然の方がいいやと少しカットするぐらいで、まったくアイブロウを使わなかったのですが、

実は眉は短くカットして、眉を整える方が、印象が良いし、開運につながるのです。

アイブロウを使う前には必ず眉をカットしてから(じゃないと非常に描きにくいです。)
眉をカットするにはコーム付のハサミがおすすめ

劇的眉ハサミ(アマゾンで買えます左利き用もあるらしい)が簡単で使いやすくておすすめです。

あとフェリエというパナソニックの電動顔剃りも使いやすい。(私はグリーンをチョイスしましたが、ピンクもあります。)

玄間、門が明るく、すっきりした綺麗なお家は人や幸運を呼ぶっていいますよね。
流行の眉の形そのままではなく、その日の自分のベストな形を研究してみてくださいね。

リンは丸顔ですが、最近お気に入りでイメージして描いているのは、
眉山を意識はしながらも、三日月のような丸い曲線を入れるようにしています。

 

24h マジックパウダー(04マッドブラウン)

24hコスメ マッドブラウン

そして24hコスメのマジックパウダーに相性抜群の
バブーのアイブロウ&ライナーブラシバブー ブロウ&ライナーブラシ

バブー アイブロウ&アイライナーブラシ

こしがあり細い線も描きやすい筆です。

ロゴナのアイブローペンシル 02ブルネット

ロゴナ アイブロウペンシル ブルネット02
しっかりめ眉毛を描きたい(綿棒を使うと自然な感じに仕上がります。)
忙しい朝にスピーディに使いたいという方におすすめです。

それから何を考えながら毎日眉を描いていますか?ぜひハッピーなことが起こる!!
(引き寄せる)と感じながら描いてくださいね。

陶器肌 土偶肌 桃肌

理想のお肌ってどんな肌だと思いますか?

陶器のような肌?それとも桃肌?

桃肌をネットで検索していたら”土偶肌”というのが出てきて笑ってしまいました。土偶肌って。。。

桃のように白やピンクの柔らかい肌に比べて土色で固くてガサガサしているのが土偶肌なんでしょうかね。

スッピンは桃肌、メイクをしたら陶器肌という感じでしょうか?

今スーパーに売っている桃は、みずみずしいくて美味しいですが、柔らかく傷みやすいですね。
桃の皮には産毛があります。この産毛は桃を虫や病気から守ってくれるそうなのです。

顔の産毛もそうですね。メイクするときは顔の産毛がないほうがファンデーションがつけやすく綺麗に仕上がりますが、いいことばかりではないのです。

毛を剃るときに肌を傷つけたり、刺激を与えてしまったり、産毛がなくなると肌の保湿能力が低下し、お肌が乾燥しやすくなるというのがあります。(顔だけではなく手足も脱毛すると乾燥することありますよね。)

桃肌を保つには、とにかく顔を触らないこと!!洗顔でゴシゴシしない。洗顔し過ぎない。そして保湿が大切。やむを得ず触る場合は手の甲で。

産毛のある桃肌におすすめなのは、立体的に見え、層になっている リキッドファンデ+おしろいメイクです。

そしてみずみずしいお肌を保つにはよい化粧水が不可欠です。

ハンガリアンウォーターエレマリア限定ボトル販売中!!私はハンガリアンウォーターをおすすめいたします。

ハンガリアンウォーターにはオレンジフラワー水やレモン果皮油、オレンジ油、グレープフルーツ種子エキスなど配合されていてとってもフルーティ、あと美肌におすすめの成分ダマスクローズ花水も入っています。原材料はオーガニックなハンガリー産のもので、シンプルながらリッチな処方です。
原材料が素晴らしいので、お値段も結構しますが(110ml 5,400円)沢山つけなくても潤いますので結構もちます。

オレンジフラワー水やダマスクローズ花水というのはオレンジフラワーやダマスクローズの精油を作るときに、同時にできる芳香蒸留水というもので植物のエッセンスが凝縮されています。

ずっと使いたくなる。桃肌に近づく化粧水。

←ハンガリアンウォーターエレマリア限定ボトル(在庫かぎりこちらでお求めいただけます

 

元ネタ 月のわ通信1044号

美肌は一日にしてならず

私は10代の頃、目の周り以外赤黒いドロドロの痛々しいニキビ肌でした。皮膚科に行って薬をもらっても治らず肌は固くなり、人に弱みを見せられず、心も固くなり人のアドバイスが素直に聞けなくなっていました。

見かねた3つ年上の姉がニキビ肌が治るらしい”クロロフィル美顔教室”というのがあるよと教えてくれました。クロロフィル美顔教室は葉緑素が入った静岡のお茶が原料の化粧品であり、その特徴としてお手入れの方法を教えてくれるサロンで化粧品を販売していました。

そこでカーゼを使ったお肌のお手入れ方法、痒みを感じたり、気になるときには、指で顔に触らず、手の甲で触るように(指より手の甲のほうが菌が少ない)、洗顔をゴシゴシしていたことを知りました。

高校2年生、17歳の時からお肌のお手入れと保護化粧(下地+おしろい)を始めました。

1年半ほど熱心に通い、ニキビ肌がだいぶ改善し、その後クロロフィル化粧品は使わなくなってしまったのですが(この化粧品の欠点として、肌が荒れていると葉緑素が肌に残ってしまい顔が緑色になってしまうのです。)

教えてもらった、肌が水分を含んだやわらかい感じ、お化粧をした時の軽さ、肌への触れ方を覚えていたことは一生ものの技術と感覚です。

道具(化粧品)は変わっても、お肌のお手入れの基本 保湿(洗顔ももちろん大事ですが、ナチュラルコスメのメイクは落ちやすい&肌の負担が少ないので、ゴシゴシ洗い過ぎない洗顔をしないことだけは注意すれば、洗顔より重要なのが保湿です)を続けてきました。

自分自身や自分の顔を愛することができる幸せ。水分を含んだ柔らかい40代でもシワの無い顔。目立たなくなったニキビ跡は私の勲章。

現在の肌が証明しているのは、17歳の時、自分を変えたいと思ったときから毎日続けてきたお肌のシンプルなお手入れの積み重ねです。

 

美肌は一日にしてならず

 

綺麗になるにはオイルが決め手 低温圧搾法とは?

化粧品でも食用油でもいいオイルを使いましょうっていうけど、
具体的に体によいオイルとはどんなものでしょうか?

簡単に見分ける方法があります。作り方が違います。
低温圧搾法(ていおんあっさくほう、コールドプレスともいう)で作られたオイルがいいのです。

低温圧搾法とは?

低温圧搾法は原材料に圧力をかけて油をしぼりだす方法。手搾りや機械でプレスして油を抽出します。
植物本来の性質、成分を保持したオイルで、搾りカスは濾過して取り除きます。

この方法だとより自然に近い形のオイルが取れます。もちろん高熱(60度以上)
の温度になることはないので、フレッシュなものであれば、今問題になっている
トランス脂肪酸を含まないものになるのです。
ただ、低温圧搾法は搾りカスに油が残ってしまい、原材料に対して抽出できる油
の生産量が少ないのです。ですから一般的に割高となっております。

安い油と高い油

安い油で低温圧搾法のものはありません。
ですから低温圧搾法で作られた油の製品は値段は高めなのが普通です。
高い油だったらOKかというと低温圧搾法以外のものもあるので注意が必要です。

安い油、安い化粧品はどんなオイルを使っているかと言いますと高熱で化学処理
されたオイル(精製オイル)なのです。

化学処理(石油系の溶剤ヘキサンを使う)して抽出したオイル。ヘキサンを高熱
で処理して飛ばしております。味や風味、香りがあまりないのが特徴です。
特に製法が書いてなければ精製オイルだと思います。

低温圧搾法の見分け方と商品の紹介

低温圧搾は手間とコスト高になりますが、よりナチュラルな方法で、
体にも優しく、吸収されやすいということが、アピールポイントになりますので、
食品などはパッケージに書いてあることが多いです。
化粧品の場合は調べないと(メーカーに聞いたりしないと)わからない場合が多いです。

月のわしょっぷで扱っている食用オイルと化粧品のオイルの中でとても良質で、
原材料のオイルがコールドプレス製法と断定できるものをご紹介いたします。

有機亜麻仁オイルエキストラバージンオーガニックフラックスオイル370ml 4,104円

別名亜麻仁(あまに)オイルです。熱を加えないで食べてください。血液サラサラ体に良いオイルです。

 

 

 

asanomioilsオーガニック 麻の実油(ヘンプオイル)230g 1,944円
フラックスオイルよりはオメガ3の含有量は少ないが、80%が必須脂肪酸という
バランスのとれたオイル。熱を加えないで食べてくださいね。
※ヘンプオイルは食用も化粧用もその値段のお手ごろさがうれしいですね。
もともと農薬がいらない丈夫で成長が早い麻の実が原料だから

 

プレシャスストーンオイルファファラ プレシャスストーンオイル 80ml 7種類 各4,104円

ベースのホホバオイルが低温圧搾のものを使っています。ですからマッサージに最適。

 

シャンブル ベースヘンプオイルシャンブル ヘンプベースオイル 50ml 2,592円
100%低温圧搾方法により得られたヘンプオイル 化粧用に加工したもの。
酸化しやすいので開封後は2~3カ月で使いきってくださいね。手作り化粧品のベースとしてもおすすめ。

 

 

 

 

シャンブル ナチュラルオイルシャンブル ナチュラルオイル 30ml 2,900円
ヘンプオイルに酸化防止のトコフェロールとラベンダーオイル、ホホバオイル
ローズマリーオイルを加えたこれぞナチュラルコスメ定番のスキンケアオイル。

 

 

 

 

 


24hコスメ ナチュラルソープ&クレンジング24hコスメ ナチュラルソープ&クレンジング 140ml 3,024円

国産のツバキの実を丁寧に絞った低温圧搾法のツバキオイル配合

しっとりやわらかく汚れとメイクを落とします。

 

 

 

 

 

 

元ネタ ☆読むだけでキレイ&ラッキーに!月のわ通信 580号 2009.6.16 加筆 修正

幸せを感じる化粧筆

女性として幸せを感じる時というのはどういう時でしょうか?
朝お化粧をしている時というのもその一つの時間だとリンは思います。

ただし”私はキレイ”と容姿に関する自信がある場合に限りますが。
容姿に関する自信については、テレビに出ている”モデルさん”や”女優さん”を基準にして、比較するのは意味がないです。
自分自身の美の基準も自信も美しさも自分自身で作れるのです。

イマイチ自信がない方は、毎日何度も『目がキレイだよ。』『笑顔が素敵だよ』『美しい』等ポジティブなアファーメーションを大好きな恋人に言われているかのように熱い思いで自分にささやいて頭の中でリフレインしてください。

そのうちにその言葉をどこか他のところから聞くようになり、(言われたら人の目を気にして謙遜や否定しないで笑顔でありがとうと言いましょうね)自分の中に容姿に関する自信が定着します。
ですから自分のセルフイメージを上げてくれる高価な化粧品というのは、時に必要な場合もあるのですが、

化粧品自体は消耗品で使えばなくなってしまうというのもありますし、

メーカーの都合により、それまで愛用していた化粧品が廃盤になってしまったりというのはよくあることです。
”なでしこジャパン”の国民栄誉賞の記念品に化粧筆が選ばれました。

化粧筆はいい筆を選べば消耗品ではありません。大事に使えば一生持ちます。

お気に入りのシャンプーとコンディショナーで自分の髪の毛と一緒にお手入れし、乾かせば、自分の髪の毛と同じようにフワフワ。やさしい使いごことちが、自分自身を大切にしている。愛していることを感じさせてくれます。
babu-の化粧筆はリンのお気に入りです。この筆を使うと使いやすいし、肌が合うというか今まで持っていた他の筆(決して粗悪品ではないですが)が使えなくなりました。毎日のお化粧がめちゃめちゃ楽しくなること間違いないです。
一番のおすすめはチークブラシ。私はフェイスブラシとしてお粉やパウダーファンデーションをつけるのにも使っています。

是非この幸せな感触を味わっていただきたいなと思います。
バブーメイクブラシ【全部で5種類】楽天で購入 アマゾンで購入

バブーメイクブラシシリーズ

元ネタ 月のわ通信 803号 2011.11.13

動物性?植物性?

ナチュラルコスメの原材料には植物性のものと動物性のものがあります。他にも鉱物系とかもあるのですが、それは置いといて。。

なんか植物性のほうがイメージ的にお肌に優しそうでよさそうな感じはありますが、
人間は動物ですので動物性のもののほうが細胞に組織的に作用するのか、即効性のあるものが多いような気がします。

24hコスメではパール、サンゴ、ミツロウ、ラノリンが動物性の原材料です。

ハチミツ(ミツロウ)って植物性じゃないの??と思われるかも知れないのですが、
蜂が花から得た蜜を体内で分解したものなのですね。だから動物性なのです。

リップやリップクリームに使われているミツロウやラノリンもよくつかわれる成分ですが、
それは植物系のものに比べて即効性があるからかもしれないですね。

元気のない時は(すぐ効果がでる)お肉を食べようといいますが、毎日食べて元気になるのは野菜(植物系)のほうだと思います。

そんなわけで、お使いのナチュラルコスメの原材料が植物性なのか動物性なのかチェックしてみるといいかもしれないですね。
食生活のようにバランスが取れているのが良いと思います。

 

元ネタ2008.11.13発行月のわ通信453号に加筆&修正