椿油と黒髪

テレビ番組で髪のCMモデルさんが、キューティクルの整った黒髪を保つためにやっていることを教えてくれました。皆さん知っていることかもしれないけど参考にしてくださいね。

【1】頭皮だけを洗う(髪の毛は流すときにシャンプーが流れるので汚れが落ちるので、シャンプーは髪の毛を洗うのではなく頭皮を洗うだけ)

【2】トリートメントに椿油を混ぜて毛先だけにつける

【3】くしはつげのくしだけでとかす(プラスチックのくしやブラシは髪の毛を傷める。天然素材のくしやブラシのほうが静電気が起きにくいので髪を傷めにくいのです。)

 

元ネタ 月のわ通信  571号 2009.6.7

ゼラニウム配合(ゼラニウムの香り)の化粧品

ゼラニウムゼラニウムはテンジクアオイ属 可愛い赤い花の植物です。
ヨーロッパに行ったときにほとんどの家の出窓にお花があってとっても可愛かったのですが、あとで聞いたらあれがゼラニウムとのことでした。

化粧品成分ゼラニウムはゼラニウムの葉と茎から抽出される精油です。
ニオイテンジンアオイ油と表示されている場合もあります。
甘く優しいフローラル系の香りが特徴です。
気持ちを前向きに明るくしてくれ、アロマ効果が期待できます。

とってもいい香りで癒されますが、さらによいことに、虫よけ&虫刺されによいハーブなのですね。

ただ天然の香りは飛びやすいので、虫よけに使う場合はこまめにつけてくださいね。

 

フェイスパウダー、アイシャドウパウダーのこんな使い方

メイクアップアーチスト小松和子さんのナチュラルコスメのDVD(現在2016.9には廃盤)で、

彼女の紹介しているナチュラルコスメの使い方テクニックの一つに、ナチュラルコスメのクリームにパウダー系のアイテムを混ぜて使うというのがあります。

具体的にはピンクのアイカラーのお粉を少量ナチュラルコスメの乳化タイプのクリームに指を使って混ぜてファンデーションをつける前のコントロールカラーとして使っているんですね。

これ応用できないかなとリンは色々考えました。

以前リキッドファンデーションの自作サンプルを配布していたのですが、アンケートを取って、買わない人の一番大きな理由の一つが、”お肌に合わない”よりも”色が合わない”ということだったのですね。

成分が良くても色が合わない。ファンデーションの色って人それぞれ肌の色が違いますし、部分によっても色が違うから、メーカーの出している少ない色数でぴったり合うわけがないんです。だから工夫して使うということが必要になります。

すぐに思いつくのが、違う色の同じタイプのファンデーションを混ぜて使うということ。あとは白っぽい日焼け止めとかね。

今回のパウダー系のアイテムとクリームの組み合わせを応用するとクリームタイプのファンデーション、色が明るかったら濃いめのフェイスパウダーを混ぜてみて。量を調節すれば、イイカンジの色になりますし、UV効果もUPしますよ。

逆に色が暗かったら白っぽい明るい色のフェイスパウダーを混ぜて使ってみてください。

あとは使い終わりのほうに粉々になってしまったプレスドファンデもクリームと上手に混ぜるとクリームタイプのファンデーションとして使えますよ。

決して安くないナチュラルコスメ。工夫して経済的に使いたいですね。

それから少し古くなったりしてツキが悪くなってしまったアイシャドー。粉をクリームに混ぜてクリームタイプのアイシャドーとして使ってみては?
まぶたが乾燥しがちな方にもおすすめですよ。

パウダーがクリームタイプの化粧品になるかも?混ぜて使ってみるのもアリかも 

 

元ネタ 月のわ通信 601号 2009.7.22

マヌカハニーと蜂蜜の思い出

以前メルマガで書いたマヌカハニーの記事があったので追記して投稿いたします。

マヌカハニーは知る人ぞ知る、特別なハチミツです。

マヌカの花ニュージーランドに自生するフトモモ科のマヌカというハーブの木の花の蜜をニュージーランドの蜂さんが集めて、蜂の体の中で原子転換して取り出したのが、マヌカ蜂蜜です。

その最大の特徴は殺菌力(抗菌性)プロポリスなんかも天然の抗生物質と言われていますが、
マヌカハニーはニュージーランドの原住民のマオリ族が薬として長年使ってきた歴史があり、近年特に注目されている食品であります。

ということで身体にとってもいいんですね。特に胃腸の弱い方や風邪をひきやすい方は常備しておくと絶対役立ちます。
あと切り傷にぬったりとかすると早く炎症が治まります。皮膚の外用薬としても使えるんです。

以前扱っていたナチュラピュリファイにマヌカハニーパックってありました。
あれは藤田真規さんがニュージーランドに旅行した友人からもらったマヌカハニーの自然治癒力のパワーに圧倒され、
惚れ込んで、化粧品の原材料として採用したという経緯があります。

ハチミツは蜂さんが集める蜜によってアカシアハチミツであったり、レンゲハチミツであったり、名前が変わるのですが、
マヌカハニーはマヌカの木の割合が多いハチミツなわけです。

そしてUMF20+とありますが※、UMF(ユニークマヌカファクター)とは活性マヌカ生蜂蜜の抗菌活性作用を19年以上研究し、その権威として知られるニュージーランド国立ワイカト大学生物化学研究所ピーター・モーラン博士によってテスト方法が開発され、抗菌活性力(殺菌力)の強さによって数値でランクが分けられています。

低活性UMF10以下 中活性UMF10~15 高活性UMF15以上 となるわけですね。数値が高いもののほうが効果が期待できるようなものなのですが、数値が高いものは非常に手に入れるのが難しいので高額です。市販されているのはだいたい25+までくらいです。(※2009年当時はUMFの数値でマヌカハニーの抗菌活性力を表していました。)

数値が高くなるとより濃厚で風味も強くなり、くせのあるハチミツとなります。

注意点として、1歳未満の乳児にはハチミツを与えないでくださいね。

ハチミツへのこだわりの話ですが、実はリンの実家(有機農業の本橋農園)は昔 養蜂をやっていたことがありました。
小さいころから毎日食べていた 父が作ってくれた手作りのハチミツの味はマヌカハニーと同じく濃厚なものでした。
市販の中国産のハチミツは水で薄めてあると聞いたことがあります。
本物のハチミツは濃厚なのですよ。よく固まります。

ところで、今世界中で、ミツバチの数が減っているとマスコミ等で報道されております。
数年前までオーガニックの見本市でハチミツ(マヌカハニー含む)をよく見かけましたが、最近めっきり見なくなりました。

養蜂をやっていた父もミツバチは病気になりやすく、
かつてよく女王蜂が死んでしまって、どうしたものかと悲しみにふけり、悩んでおりました。
女王蜂が死ぬと新しい蜂が生まれませんのでハチがいなくなってしまうのです。
ということで貴重な蜂蜜。大事に味わってパワーをもらってくださいね。

元ネタ 月のわ通信600号 2009.7.14

 

関連記事 マヌカハニー 抗酸化の数値の秘密とは?

ファファラのエッセンシャルオイル抽出法

スイスのナチュラルアロマコスメ ファファラ

カタログに載っている化粧品の原料としても使うエッセンシャルオイルの種類の数が多くて驚きました。

エッセンシャルオイルは植物のエネルギーを凝縮したもので、植物が発しているメッセージです。
その完全性を大切にするためにファファラは特定の芳香物質を取りだすためだけの精製は行っていません。

ファファラは世界中に契約農家を持ち、現地でエッセンシャルオイルを抽出しています。

化粧品の原料から作っているのです。

抽出方法は水蒸気蒸留(WD)、低温圧搾(CP)、アルコール抽出(EA)、ヘキサン抽出(EH)の4種類。
低温圧搾、水蒸気、アルコール、ヘキサンの順でよりナチュラルといえると思いますが、
一般化粧品でよくつかわれている石油系溶剤を使ったヘキサン抽出でも溶剤の残留がないということを確認しています。

それぞれのオイルの抽出方法、有機認定などオイルごとに表で一覧になっています。

ファファラの香りが良いのは良質なエッセンシャルオイルを使っているから。
それは世界中に契約農家を持ち、現地でフレッシュなエッセンシャルオイルを作っているからなんですね。

値段がロゴナより高めと感じられる方もいらっしゃるかもしれないのですが、
スイスという土地柄、輸送方法が航空便になるためコストが高くつくのですね。
(ロゴナは一部の商品を除き船便です。)それを差し引いても一度お試しいただきたいクオリティの商品なんです。

 

ロゴナフレンズのファファラのページ

元ネタ 月のわ通信578号 2009.6.14

マヌカハニー 抗酸化の数値の秘密とは?

ニュージーランドのマヌカハニー(ニュージーランドのマヌカという植物のはちみつ)は抗菌作用があることで知られていますが、この抗菌作用を表す表示が変わったのをご存知でしたか?

前はUMF10+とか書いたのですが、今はMG200+と書くようです。
UMFとかアクティブとかは抗酸化の強さ MGと言うのは抗酸化の物質メチルグリオキサールの1kgあたりの含有量(mg)ということだそうです。

希少なマヌカハニーは、抗菌作用の高いものものほうが値段も高く効果があると思われるということで、お客様も高い数値のものを求め、ネットでも奪い合いになっていて、マヌカはちみつ自体の値段も数年で高騰しているのですが、この数値のカラクリを知ってびっくりしました。

マヌカハニーは、時間がたつとなぜか活性値の数値が上がるそうです。年数の過ぎたマヌカハニーを測定すると当然数値は、高くなります。
これは、瓶詰された商品でも同じです。 食べかけのマヌカハニーが、MG300や400になっているかもしれません。

マヌカハニーの賞味期限は4年。漬物や梅干しのように年代モノのほうが価値があるのかもしれません。

月のわしょっぷで扱っているウッドランド社のマヌカハニーは採れたてのフレッシュなものを輸入しております。ニュージーランドの厳しいオーガニック認証基準をクリア。見た目や数値にだまされないで商品をお選びください。あと継続できるというのも大事です。

オーガニックマヌカハニーMG200+

 

オーガニックMG200+マヌカハニー250g のお求めはこちら

元ネタ 月のわ通信148号(2016.9.16)より

 

関連記事 マヌカハニーと蜂蜜の思い出

眉はゲート(門)開運おすすめアイブロウ

元ネタ月のわ通信500号 記念号 2009.3.5(クローズド配信時代)より 加筆修正
リンは一昨年 肺炎という大病をしたことをきっかけに、スピリチュアルな本をより沢山読むようになりました。
そして色々なことを通じて以前に比べ理解も深まりました。

私がここ(日本)にこの時代、女性として生きていて、周りに起こっていること、
モノにはいろいろな意味があって、つながっている。

文章ですべてを伝えるのはもちろん不可能でありますが、その時に出てきたものをお伝えしたいとおもいます。

今の時代日本に生まれた女性というのはとっても恵まれています。
恵まれているから故にその恵みに気付かず、感謝できず、持っているものではなく”持っていないもの”
できることではなく”できないもの”に意識がシフトしている方は幸せでないのかもしれないです。私もかつてそうでした。

自分がなぜ化粧品を販売しているかと考えると、化粧品が大好きというわけではないのですが、
化粧品は女性にとって”開運アイテム”であるというのは絶対的な事実なのです。
だから月のわしょっぷで開運アイテムを売っているのです。

今回は眉についてです。眉には皆さんこだわりがあると思います。
ファンデーションは塗らなくても眉毛は描かないと人前に出れないという人もいるかもしれないですね。

髪型や眉毛の形で女性の顔の印象は驚くほど変わりますが、顔を家と例えた場合、
髪型は庭、二つの眉毛は門(ゲート)なのだと思います。

はねていたり、毛先がぼさぼさなヘアスタイルは、草ボーボーのお屋敷と一緒。

そしてリンも若いころは眉毛がしっかりある方なので、
描かなくても自然の方がいいやと少しカットするぐらいで、まったくアイブロウを使わなかったのですが、

実は眉は短くカットして、眉を整える方が、印象が良いし、開運につながるのです。

アイブロウを使う前には必ず眉をカットしてから(じゃないと非常に描きにくいです。)
眉をカットするにはコーム付のハサミがおすすめ

劇的眉ハサミ(アマゾンで買えます左利き用もあるらしい)が簡単で使いやすくておすすめです。

あとフェリエというパナソニックの電動顔剃りも使いやすい。(私はグリーンをチョイスしましたが、ピンクもあります。)

玄間、門が明るく、すっきりした綺麗なお家は人や幸運を呼ぶっていいますよね。
流行の眉の形そのままではなく、その日の自分のベストな形を研究してみてくださいね。

リンは丸顔ですが、最近お気に入りでイメージして描いているのは、
眉山を意識はしながらも、三日月のような丸い曲線を入れるようにしています。

 

24h マジックパウダー(04マッドブラウン)

24hコスメ マッドブラウン

そして24hコスメのマジックパウダーに相性抜群の
バブーのアイブロウ&ライナーブラシバブー ブロウ&ライナーブラシ

バブー アイブロウ&アイライナーブラシ

こしがあり細い線も描きやすい筆です。

ロゴナのアイブローペンシル 02ブルネット

ロゴナ アイブロウペンシル ブルネット02
しっかりめ眉毛を描きたい(綿棒を使うと自然な感じに仕上がります。)
忙しい朝にスピーディに使いたいという方におすすめです。

それから何を考えながら毎日眉を描いていますか?ぜひハッピーなことが起こる!!
(引き寄せる)と感じながら描いてくださいね。

陶器肌 土偶肌 桃肌

理想のお肌ってどんな肌だと思いますか?

陶器のような肌?それとも桃肌?

桃肌をネットで検索していたら”土偶肌”というのが出てきて笑ってしまいました。土偶肌って。。。

桃のように白やピンクの柔らかい肌に比べて土色で固くてガサガサしているのが土偶肌なんでしょうかね。

スッピンは桃肌、メイクをしたら陶器肌という感じでしょうか?

今スーパーに売っている桃は、みずみずしいくて美味しいですが、柔らかく傷みやすいですね。
桃の皮には産毛があります。この産毛は桃を虫や病気から守ってくれるそうなのです。

顔の産毛もそうですね。メイクするときは顔の産毛がないほうがファンデーションがつけやすく綺麗に仕上がりますが、いいことばかりではないのです。

毛を剃るときに肌を傷つけたり、刺激を与えてしまったり、産毛がなくなると肌の保湿能力が低下し、お肌が乾燥しやすくなるというのがあります。(顔だけではなく手足も脱毛すると乾燥することありますよね。)

桃肌を保つには、とにかく顔を触らないこと!!洗顔でゴシゴシしない。洗顔し過ぎない。そして保湿が大切。やむを得ず触る場合は手の甲で。

産毛のある桃肌におすすめなのは、立体的に見え、層になっている リキッドファンデ+おしろいメイクです。

そしてみずみずしいお肌を保つにはよい化粧水が不可欠です。

ハンガリアンウォーターエレマリア限定ボトル販売中!!私はハンガリアンウォーターをおすすめいたします。

ハンガリアンウォーターにはオレンジフラワー水やレモン果皮油、オレンジ油、グレープフルーツ種子エキスなど配合されていてとってもフルーティ、あと美肌におすすめの成分ダマスクローズ花水も入っています。原材料はオーガニックなハンガリー産のもので、シンプルながらリッチな処方です。
原材料が素晴らしいので、お値段も結構しますが(110ml 5,400円)沢山つけなくても潤いますので結構もちます。

オレンジフラワー水やダマスクローズ花水というのはオレンジフラワーやダマスクローズの精油を作るときに、同時にできる芳香蒸留水というもので植物のエッセンスが凝縮されています。

ずっと使いたくなる。桃肌に近づく化粧水。

←ハンガリアンウォーターエレマリア限定ボトル(在庫かぎりこちらでお求めいただけます

 

元ネタ 月のわ通信1044号

美肌は一日にしてならず

私は10代の頃、目の周り以外赤黒いドロドロの痛々しいニキビ肌でした。皮膚科に行って薬をもらっても治らず肌は固くなり、人に弱みを見せられず、心も固くなり人のアドバイスが素直に聞けなくなっていました。

見かねた3つ年上の姉がニキビ肌が治るらしい”クロロフィル美顔教室”というのがあるよと教えてくれました。クロロフィル美顔教室は葉緑素が入った静岡のお茶が原料の化粧品であり、その特徴としてお手入れの方法を教えてくれるサロンで化粧品を販売していました。

そこでカーゼを使ったお肌のお手入れ方法、痒みを感じたり、気になるときには、指で顔に触らず、手の甲で触るように(指より手の甲のほうが菌が少ない)、洗顔をゴシゴシしていたことを知りました。

高校2年生、17歳の時からお肌のお手入れと保護化粧(下地+おしろい)を始めました。

1年半ほど熱心に通い、ニキビ肌がだいぶ改善し、その後クロロフィル化粧品は使わなくなってしまったのですが(この化粧品の欠点として、肌が荒れていると葉緑素が肌に残ってしまい顔が緑色になってしまうのです。)

教えてもらった、肌が水分を含んだやわらかい感じ、お化粧をした時の軽さ、肌への触れ方を覚えていたことは一生ものの技術と感覚です。

道具(化粧品)は変わっても、お肌のお手入れの基本 保湿(洗顔ももちろん大事ですが、ナチュラルコスメのメイクは落ちやすい&肌の負担が少ないので、ゴシゴシ洗い過ぎない洗顔をしないことだけは注意すれば、洗顔より重要なのが保湿です)を続けてきました。

自分自身や自分の顔を愛することができる幸せ。水分を含んだ柔らかい40代でもシワの無い顔。目立たなくなったニキビ跡は私の勲章。

現在の肌が証明しているのは、17歳の時、自分を変えたいと思ったときから毎日続けてきたお肌のシンプルなお手入れの積み重ねです。

 

美肌は一日にしてならず

 

綺麗になるにはオイルが決め手 低温圧搾法とは?

化粧品でも食用油でもいいオイルを使いましょうっていうけど、
具体的に体によいオイルとはどんなものでしょうか?

簡単に見分ける方法があります。作り方が違います。
低温圧搾法(ていおんあっさくほう、コールドプレスともいう)で作られたオイルがいいのです。

低温圧搾法とは?

低温圧搾法は原材料に圧力をかけて油をしぼりだす方法。手搾りや機械でプレスして油を抽出します。
植物本来の性質、成分を保持したオイルで、搾りカスは濾過して取り除きます。

この方法だとより自然に近い形のオイルが取れます。もちろん高熱(60度以上)
の温度になることはないので、フレッシュなものであれば、今問題になっている
トランス脂肪酸を含まないものになるのです。
ただ、低温圧搾法は搾りカスに油が残ってしまい、原材料に対して抽出できる油
の生産量が少ないのです。ですから一般的に割高となっております。

安い油と高い油

安い油で低温圧搾法のものはありません。
ですから低温圧搾法で作られた油の製品は値段は高めなのが普通です。
高い油だったらOKかというと低温圧搾法以外のものもあるので注意が必要です。

安い油、安い化粧品はどんなオイルを使っているかと言いますと高熱で化学処理
されたオイル(精製オイル)なのです。

化学処理(石油系の溶剤ヘキサンを使う)して抽出したオイル。ヘキサンを高熱
で処理して飛ばしております。味や風味、香りがあまりないのが特徴です。
特に製法が書いてなければ精製オイルだと思います。

低温圧搾法の見分け方と商品の紹介

低温圧搾は手間とコスト高になりますが、よりナチュラルな方法で、
体にも優しく、吸収されやすいということが、アピールポイントになりますので、
食品などはパッケージに書いてあることが多いです。
化粧品の場合は調べないと(メーカーに聞いたりしないと)わからない場合が多いです。

月のわしょっぷで扱っている食用オイルと化粧品のオイルの中でとても良質で、
原材料のオイルがコールドプレス製法と断定できるものをご紹介いたします。

有機亜麻仁オイルエキストラバージンオーガニックフラックスオイル370ml 4,104円

別名亜麻仁(あまに)オイルです。熱を加えないで食べてください。血液サラサラ体に良いオイルです。

 

 

 

asanomioilsオーガニック 麻の実油(ヘンプオイル)230g 1,944円
フラックスオイルよりはオメガ3の含有量は少ないが、80%が必須脂肪酸という
バランスのとれたオイル。熱を加えないで食べてくださいね。
※ヘンプオイルは食用も化粧用もその値段のお手ごろさがうれしいですね。
もともと農薬がいらない丈夫で成長が早い麻の実が原料だから

 

プレシャスストーンオイルファファラ プレシャスストーンオイル 80ml 7種類 各4,104円

ベースのホホバオイルが低温圧搾のものを使っています。ですからマッサージに最適。

 

シャンブル ベースヘンプオイルシャンブル ヘンプベースオイル 50ml 2,592円
100%低温圧搾方法により得られたヘンプオイル 化粧用に加工したもの。
酸化しやすいので開封後は2~3カ月で使いきってくださいね。手作り化粧品のベースとしてもおすすめ。

 

 

 

 

シャンブル ナチュラルオイルシャンブル ナチュラルオイル 30ml 2,900円
ヘンプオイルに酸化防止のトコフェロールとラベンダーオイル、ホホバオイル
ローズマリーオイルを加えたこれぞナチュラルコスメ定番のスキンケアオイル。

 

 

 

 

 


24hコスメ ナチュラルソープ&クレンジング24hコスメ ナチュラルソープ&クレンジング 140ml 3,024円

国産のツバキの実を丁寧に絞った低温圧搾法のツバキオイル配合

しっとりやわらかく汚れとメイクを落とします。

 

 

 

 

 

 

元ネタ ☆読むだけでキレイ&ラッキーに!月のわ通信 580号 2009.6.16 加筆 修正