兆憶り人再び 780日目 2020年6月12日(金)実践⇒ミラクル23(6)事務局クビ⇒一生徒から学びなおし

突然の事務局クビ。

疑うこと

事務局辞めることになりました。 1か月は引継ぎで事務局業務いたします。 誤解を生む行動をしてしまいました。(分離意識) やってしまったことはしょうがない。

 

なぜ事務局をやめることになったのか?先生のことを信じていたからこそ、先生の行動をおかしいと感じ、先生が他の人(争っている人)にまかせたと発言したので、先生の行動で疑問に思ったことを明け方(半分無意識)先生に相談なしにグループラインで発言したのです。先生に反抗していると受け取れる、文章を書いたのも事実です。

先生は裏切り(先生のことを信じてない)と取り、一緒に仕事をしたくないので、事務局をおりてください。とメッセージがありました。(私は寝ていたので、既読にならないので何度も繰り返し。先生は自分の文章を客観視していないかとおもいますが、少し怖い感じでした。)

後からそのグループラインの投稿を見た人(事務局を下りる了承をして発言を削除しました。)から話をきいたら、先生の責任だけではなく、自分たちの責任も書いてあったとても分かりやすく中立な文章でしたということでした。

私の突然の降板(クビ)はみな理不尽だとグループのメンバーは同情してくれました。

先生に相談しなかったのはもちろん弟子として間違ったことかもしれませんが、自由に思ったことを言えない(言ったら制裁を加える)というのは大変問題があります。先生は人間です。(創造主でもあるけど)。人間なので間違いもあります。間違いを正してくれる(指摘する)人が必要です。特に大きなお金を持ったら大きな権力を持ち、もっと力に溺れることでしょう。

頭ノリで他人の発言に影響され、疑い、思考のループにハマっているといわれてしまえばそれまでですが、今までもどこかでおかしいと思いながら従っていた私は洗脳(催眠)にかかっていたとしかいいようがありません。

大仙人の教えていること(宇宙法則)は本物だと思いますし、お話(セミナー)も素晴らしい。感謝しております。

でも先生自身が、力に溺れ人をコントロールするのは違うかなと思うのです。神様は人を脅すようなことはいいません。

罪を憎んで人を憎まず。真理子拝

スピレポ真理子の億り人やめましたが面白い!と感じたら
いいね!してね。

SNSでもご購読できます。